2012年05月08日

BUFFALO無線LANルーターのAOSS機能でAndroidタブレットをWi-Fi接続

無線LANルーターをBUFFALO(バッファロー)のWHR-G301Nに買い換えたので、
中華パッド(中国製Androidタブレット)のWi-Fi接続設定をやり直しました。

aoss_wifi_001.jpg

WHR-G301Nはスリムでコンパクトな無線LANルーターです。
アンテナ内蔵タイプなので電波の飛びはそれほど期待できませんが、低価格なところが一番の魅力ですね。
まずはPCで無線LANルーターの初期設定を済ませ、PCでネット接続できる状態までセットアップしておきます。

肝心のAndroidタブレットのWi-Fi接続ですが、
これがあっけないほど簡単に出来てしまいます。
BUFFALOからリリースされているAOSSという名前のAndroid用アプリをダウンロードしてインストールすればあっという間にWi-Fi設定を完了できます。

Google playから"AOSS"をダウンロード。
aoss_wifi_002.jpg

インストール終了後、"AOSS"を立ち上げます。
次に画面右側にあるAOSSボタンをタップします。
aoss_wifi_003.jpg

次の画面に切り替わります。
無線LANルーターにあるAOSSボタンをSECURITYランプが点滅するまで長押しするように指示が出ます。
aoss_wifi_004.jpg

ここから先はスクリーンショットではなく中華パッドの画面を直接カメラで撮ったものなので
画質が極端に悪くなっています。

”無線親器と通信開始
セキュリティ設定を交換しています”
とメッセージが表示されます。
aoss_wifi_005.jpg

”新しいセキュリティ設定で接続します...”
aoss_wifi_006.jpg


”AOSSでセキュリティーを設定し、正常に接続できました。”
とメッセージが出てWi-Fi接続の設定完了です。
aoss_wifi_007.jpg

簡単にAndroidタブレットの無線LAN接続ができて便利ですね。
AOSS for AndroidはAndroid 2.1以上のOSを搭載していれば使用できるようです。
ただし、このアプリはBUFFALO(バッファロー)の無線LANルーター専用のアプリです。

Google play: AOSS for Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.buffalo.aoss&hl=ja

★Amazonで無線LANルータを検索

■Wi-Fi接続■



スポンサードリンク
posted by SprintGTV | Androidお役立ち情報 | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

外部メモリーカードにSwapパーティションを作る(2)

前回の記事の続きです。
操作を間違うとPC本体のハードディスクの内容が消去されたりする危険があるので、
もし実行する方は、あくまでも自己責任で慎重に作業して下さい。

今回はUSBの外部カードリーダーに2GBのSDカードを入れて作業しています。
まずはPuppy Linuxを立ち上げ外部カードリーダーを接続すると
デスクトップにsda1という名前のUSBドライブアイコンが表示されます。

次に、
左下のメニュー -> システム -> GParted パーティションの管理
でGPartedを起動。

swapパーティション01.jpg

最初に出てくる画面で
Swapパーティションを作るSDカードが入ったドライブ(sda1)を選択します。
ここで間違って本体のハードディスクを指定しないように!

何度も繰り返しますが、
ハードディスクのパーティションを変更する作業は
くれぐれも慎重にやらないとPC本体のデータを一瞬で全て消しかねません。
慣れた人でも(慣れた人ほど?)、ついうっかりミスをしてしまいがちなのです。

SDカードが入ったドライブを認識したら(この例の場合は /dev/sda1 )
そのドライブ名を選択して「リサイズ」ボタンを押す

swapパーティション02.jpg

この状態だと一つのパーティションに全ての容量が割り当てられているので
ディスクの後側にSwapパーティションを作るために現在の割り当てを減らす。

swapパーティション03.jpg

今回は256MBのスワップパーティションを作りたいので
「後側の空き領域」という部分に256と入力して「リサイズ」ボタンを押す。
その後「適用」ボタンを押して変更完了。

swapパーティション04.jpg

新たに出来た「未割り当て領域」を選択して
「新規」ボタンを押す

swapパーティション05.jpg

ファイルシステムをlinux-swapに設定して「追加」ボタンを押す。

swapパーティション06.jpg

その後「適用」ボタンを押して変更完了。

swapパーティション07.jpg

はい、これでSDカードの後側にlinux-swapパーティションが出来ました。

後はSDカードをAndroidタブレットに入れてやればOK。
Swapを有効にするにはroot化されたファームウェアが必要です。
EKEN M001用のカスタムファームウェアEKEN Relaxでは最初からroot化されているので大丈夫。

↓EKEN Relaxに標準でインストールされている「Spare Parts」というアプリをクリック
swapパーティション08.jpg

↓Compcache/Swap Settingをクリックして
swapパーティション09.jpg

↓Swap または Compcache and Swap にチェックマークをつける。
再起動後にSDカードのSwap領域が使用されるようになる。
swapパーティション10.jpg

EKEN純正のファームだとroot取得できないので
自分でファームを改変してroot化する必要があります。


posted by SprintGTV | Androidお役立ち情報 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。